税理士試験の科目・所得税法

1、概要

所得税法は、個人の所得について課税される所得税について定めた法律です。

所得税は、サラリーマンの給与、個人事業者の事業、所有している家や土地を売った場合の譲渡など、多くの人にとって非常に身近な税金です。

税理士試験においては、法人税法とのいずれか、もしくは両方を選択しなければならない選択必須科目として位置づけられています。

税理士になった後、実務においての必要性が非常に高いにもかかわらず、受験者は法人税法の半分以下です。

 

2、出題傾向

所得税法の出題形式は大問が2題出題され、第1問が50点の理論問題、第2問が50点の計算問題となっています。

理論問題については、1問といっても、2〜3の理論が出題される場合もあり、計算問題も2題出題されます。

総合問題形式や事例形式などの出題もあり、所得税法の深い知識とスピーディな解答能力が要求されます。

▲このページのトップに戻る