平成30年度の協会けんぽの保険料

健康保険の保険料については、平成30年3月分(4月納付分)から変更されています。

協会けんぽの健康保険料は都道府県単位で設定されています。

健康保険の保険料は、加入者の各地域における医療費に基づいて算出されているため、各都道府県によって異なっています。

今回の変更により、千葉県では、これまで9.89%だった健康保険料は変更されず、これまで1.65%だった介護保険料が1.57%に引下げとなっています。

さらに、子ども・子育て拠出金についても、平成30年4月分(5月納付分)から変更されています。

 

また、平成29年度9月分(10月納付分)から厚生年金保険料が変更されています。

 

これまで、一般の被保険者の保険料率は18.182%でしたが、平成29年9月分からは18.300%となりました。

 

給与計算をされる方はご注意ください。

各都道府県の社会保険料額(平成30年3月分〜)

→千葉県

→埼玉県

→東京都

→茨城県

 

各都道府県の社会保険料額(平成29年9月〜平成30年2月分)

→千葉県

→埼玉県

→東京都

→茨城県

 

各都道府県の社会保険料額(平成29年4月〜8月分)

→千葉県

→埼玉県

→東京都

→茨城県

 

各都道府県の社会保険料額(平成29年3月分)

→千葉県

→埼玉県

→東京都

→茨城県

 

各都道府県の社会保険料額(平成28年9月分〜平成29年2月分)

→千葉県

→埼玉県

→東京都

→茨城県

 

各都道府県の社会保険料額(平成28年3月分〜8月分)

→千葉県

→埼玉県

→東京都

→茨城県

 

各都道府県の社会保険料額(平成27年9月分〜平成28年2月分)

→千葉県

→埼玉県

→東京都

→茨城県

 

各都道府県の社会保険料額(平成27年4月分〜8月分)

→千葉県

→埼玉県

→東京都

→茨城県

 

各都道府県の社会保険料額(平成26年9月分〜平成27年3月分)

→千葉県

→埼玉県

→東京都

→茨城県

 

なお、平成30年度の雇用保険料率については、平成29年度と変更なく、

一般の事業は、労働者負担が3/1000、事業主負担が6/1000 合計9/1000

建設の事業は、労働者負担が4/1000、事業主負担が8/1000 合計12/1000

となっています。

 

健康保険料の変更の時期が到来したら給与から天引きする金額の変更を忘れずに行いましょう。

 

             会社設立、決算対策、税務相談、記帳代行はおまかせください。松戸の税理士 勝柴税理士事務所

▲このページのトップに戻る