財務諸表論 出題予想 平成29年 第67回税理士試験

財務諸表論 ここが出る? どこが出る?

平成29年 第67回税理士試験

 

 

1、平成28年 第66回税理士試験について

 昨年の財務諸表論の受験者数は11,420人、合格者は1,749人で合格率は15.3%でした。

・第一問では、包括利益の定義、当期純利益と包括利益の差異、包括利益の表示に関する会計基準、金融商品会計基準ついての理解を問う問題が出題されました。

・第二問では、問1で、外貨建取引等会計処理基準を設定する際の基本的な考え方について問題となった事項などに関して、問2で、為替予約にかかわる金融商品に係る会計基準に関しての理解を問う問題が出題されました。

・第三問では、会社法及び会計計算規則の基本的な理解度を広範囲に問う問題が出題され、現預金、金銭債権と引当金、有価証券、自己株式、棚卸資産、有形固定資産及び無形固定資産、賞与引当金、退職給付、剰余金の処分、諸税金、税効果会計など非常に幅が広い分野の理解が問われました。難しい資料も一部含まれていましたが、標準的なレベルの問題でした。

 

2、平成29年 第67回税理士試験の対策・出題予想

 今年の試験においても、第一問・第二問では各種「基準」に関する理論問題の出題が、第三問ではボリュームの多い計算問題の出題が予想されます。

大手専門学校各校は、平成29年、第67回税理士試験の試験問題として次の論点が出題されるのではないかと予想しています。

@収益の認識と工事契約に関する会計基準

A棚卸資産の評価に関する会計基準

B退職給付に関する会計基準

C税効果会計に係る会計基準

D金融商品に関する会計基準

E有形固定資産などの費用配分

F固定資産の減損に係る会計基準

Gリース取引に関する会計基準

H資産除去債務

I企業結合に関する会計基準

 

 税理士受験生にとっては、試験にどこが出題されるか非常に気になるところですが、あまりヤマをはりすぎると痛い目にあうかもしれません。

 

 税理士試験は競争試験です。手をつけるべき論点と解答に手間のかかる論点を見極め、基本的な事項はコツコツと拾い、他の受験生よりミスを減らして1点でも多く得点していくことが肝心です。

 

 

関連情報

その他の税理士試験情報について

税理士試験 財務諸表論の過去の出題予想についてはこちら

▲このページのトップに戻る