現金の調査のポイント

〜現金の調査のポイント〜


1、飲食店、小売店、理美容室、病院など現金商売の場合には、調査当日のレジや金庫などにある現金保有高と現金出納帳との残高をチェックします。

2、現金売上の除外がないかをチェックします。

3、現金支出で領収書がないものをチェックします。

4、役員に対する仮払金などをチェックします。

5、端数のない金額の支出や、同じ相手と繰返し行われている取引について内容などをチェックします。

 

調査があった時に困らないよう、日頃から次のようなことを心がけておきましょう。

1、現金残高を日々確認し、現金出納帳は必ず記帳しましょう。

2、領収書、請求書、見積書、契約書などをしっかり整理・保存しておきましょう。

3、事業に関係のない個人的な書類や現金はなるべく会社に持ち込まないようにしましょう。

4、仮払金を利用している場合は、精算書等の書類を整備しましょう。

5、立替金の精算は、請求書や領収証を提出し速やかに行いましょう。

 

困ったときは?

税務調査でお悩みの方は、ぜひ当事務所までご連絡ください。

▲このページのトップに戻る